<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「眼瞼下垂 手術 5日後」

か・・ 痒い 〰!( >Д<;)
e0292271_4125083.jpg


かなりパッチリなお目々♪  もっと開けれるけれどまだまだ突っ張るの・・
e0292271_4131233.jpg


ん~ 赤黄青だな(笑)
e0292271_41335100.jpg


汚ないままだわ( ̄^ ̄)  
こぉやって見るとブクブク腫れまくりやねぇ・・ 目の下もボコンとふくれたままだしΣ(´□`;)
e0292271_4135727.jpg


とにかく痒いっ!
掻いてはいけないけど秘策で掻きまくり(笑)

今はそんなでもないけれど、昔は花粉症で目も痒くてたまらなかった。
お化粧してると掻けないけど掻かずにはいられない痒み。
で、必殺技が生まれた訳だな(笑)
爪楊枝の丸い頭の方で上下のまつげの際を掻く!
目頭辺りなんて快感〰!(爆)
今回、コレなら傷にも触れないし離れているから問題無いし至極の快感 ♪(爆)
痛さよりも痒みに苦しめられるとは・・ (;´д`) トホホ・・

2016.6.30 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-30 23:56 | 眼瞼下垂 | Comments(2)

「「眼瞼下垂 手術 4日後」」

あら!?  ちょっとまとも? 内出血がかなり引いてきた♪
e0292271_315476.jpg


うん、うん、引いてきてる!  まぶた全体が黄色になってきたぞ!
e0292271_3161152.jpg


目をつぶるとアカンね・・  腫れてる・・
e0292271_3164955.jpg


酷いもんやわ(笑)
青っぽいのと赤いのと黄色のコラボな内出血痕(爆)
e0292271_3172339.jpg

痒い〰! あちこち痒い〰!
掻けな~い! 掻きた〰い!


2016.6.29 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-29 23:45 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「眼瞼下垂 手術 3日後」

この日からやっと洗顔 & 洗髪をしても良くなった。  顔がベタベタザラザラして気持ち悪かったわ・・

ん? 腫れが引き始めてきたか!? 糸が見えるよぉになってきた。
赤いのも少しは引いてきてるな~(^_^)v
目の下はぷっくりと腫れたままで酷い顔だなぁ(>_<)
e0292271_3112785.jpg


目頭と目尻の赤いのは左右の目それぞれ左右対称なのが不思議。
e0292271_312480.jpg


目頭に治ってきている痕がっ!  黄色く内出血の名残がっ(^.^)
なかなかしかし、こぉやって見るとなかなかグロいなぁ(笑)
たぶん、クッキリ二重瞼の切開手術って同じなのかな?
私は元々二重瞼なのでそのラインに沿って切開。
そしてその奥の筋肉を切ったり削ったり引っ張ったり縫ったり・・
麻酔が効いているから切る事に関しては痛みは無いのだけれど、筋肉をギュ〰!って引っ張られると
これが痛いっ! 引っ張られて奥の方が痛いっ! 麻酔が効いているのに痛いっ!
とても不思議な感覚だったわ。
先生に 「そんなに感じるなんて、敏感ですね~」 と、言われてしまった(笑)
e0292271_3124184.jpg


あ〰!  汚いっ!  縫った上部が腫れてるなぁ・・( ´-`)
e0292271_3131087.jpg


縫う時もブチッ!っと針が貫通するのがわかったんよねぇ・・( >Д<;)
で、またもや
「わかる? スゴく敏感ですね~ 」 と・・
痛くはないから良いけれど・・(;´д`)
けど、このブチッ!って感じる度に身体がコチコチに緊張したわ(・・;)
で、緊張緩和の為に喋りまくるワタクシ(笑)

この日から鎮痛剤は飲むのを止めた。
眉毛の少し下あたりの奥の方が痒くなってきたから。
縫った筋肉辺りだろうな~ 治り始めてる証拠だし、痒くなってきてるから痛くはないだろうと思ったよ。
その後も鎮痛剤は飲まなかったけれど、触らない限り痛みは無かったわ ♪

2016.6.28 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-28 23:55 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「眼瞼下垂 手術 2日後」

ワインレッドのアイシャドーは塗っておりません(笑)

まぶたはたらこ唇か餃子をのせたままやし、目の下もますますふくれてきたわ(-"-)
e0292271_371771.jpg


いゃ~ん! 
目の下が恐ろしい事に〰!
四谷怪談のお岩さんになってきた!

e0292271_375041.jpg


トドの部下さんに

「DVで殴られたみたいになっている!」

と、お褒めの? 言葉を頂いた(爆)
しかしだ、お岩さんになろうと、目にたらこ唇や餃子をのせていようがプードル🐩軍団の散歩は待ってくれない(>_<)
外が薄暗くなったら伊達眼鏡をして下を向きながらちょこっと散歩に出る。
近所ならコンタクトレンズ無しで見えなくても段差もどこにあるかわかっているので平気。
人に対してなるべく背を向ける生活(笑)
朝は早朝だからほとんど人に会わないし近距離ですれ違う事はまず無いから良いんやけどねぇ・・

この顔は見せちゃ~イカンでしょ!? 
見られちゃ~イカンでしょ!?
通報されるヤバさ〰!(爆)


そして痛くはない(笑)
手術始めの麻酔の注射が1番痛かった!(爆)

2016.6.27 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-27 23:48 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「眼瞼下垂 手術 1日後」

お待たせ〰!?
一発、笑かしてさしあげます!




そ:「手術当日の夜ってベッドに横になって寝るとものすごく腫れるって読んだんですけど・・
  リクライニング椅子で寝ようかと思ってるんですけど・・」

先:「あ~、うっ血するからですね~ そこまでしなくてもいいですよ~」

そ:「今晩は腫れますかね?」


先:「ん~、個人差はありますが恐らく腫れます!」
  「3日後くらいまではかなり腫れると思います!」


って、きっぱりと断言された(笑)

当日の夜はいつも座っているリクライニング椅子でいつものよぉに過ごしていた。
背もたれをかなり倒してベッドに横になっている姿勢に近づくとまぶたがジンジンしてきてたまらないっ!
血液がたくさんまぶたにやってくるとジンジンしまくりでたまったもんじゃないっ!
うん、理由は違うけれどベッドでは寝れないわ(笑)

鎮痛剤を飲んでいるので触らない限り痛くはないけれど、真夜中くらいまでは傷口からジワッと少しずつ
血がにじんでくるのでティッシュでそっと押さえて拭き取る。
時々痛いところに当たって涙がジワ~ッと(ToT)

昼の部

あれよあれよと腫れは増していく〰!
たらこ唇が目の上にのっかってる ( ´゚д゚`)アチャー



e0292271_323580.jpg


内出血もスゴいぞ〰!
e0292271_33343.jpg


目頭と目尻も真っ赤!
e0292271_33565.jpg




夜の部

目頭と目尻の真っ赤は広が~る!(*_*)
e0292271_4162895.jpg


ひゃ〰!
広範囲に腫れてきた〰!
目の下も腫れてきた〰!(;´д`)

なんか、顔全体がむくんでる?
目の下は赤くなってこないのがせめてもの救いやわ・・
しかし、お目々の上にたらこ唇か餃子がのっかってる(爆)
e0292271_416481.jpg


腫れて腫れ続けてくれるから目が開けづらくなってきた( ´-`)
e0292271_4174336.jpg


腫れない訳が無いのはわかっていた。
切開して中の筋肉をギュ〰 ギュ〰 ってめちゃくちゃ引っ張られたし、切ったり縫ったり、削いだりしたらしいから(ーー;)
そんなことをすれば腫れないはずが無いよなぁ・・
腫れますっ!って言われたし・・
でもね、こんなだけど痛くはない。
鎮痛剤のせいもあるけれど、ずっと冷やしまくっているからかな(?_?)

2016.6.26 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-26 23:59 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「眼瞼下垂 手術直後 5月17日」

眼瞼下垂症 手術 (眼瞼挙筋前転法)
どアップ〰!  
恥ずかしげもなく何でどアップなのかと申しますと・・
私も眼瞼下垂とわかった時にあちこちのブログを見させてもらったけれど、写真を出してくれているけれど・・
小さ~い写真やボカしている写真達。
大きく写している写真を出しているブログは少しだったわ~(>_<)
わたしは手術を受けようとしているから 「詳しくハッキリ見たいんですけど〰!」 って、思った訳だな(笑)
どうせ画像を出すのなら潔く出せばいいやん!
ボカすのなら出さない方がマシ!  往生際が悪いで!  アンタ キョウモ ドクゼツ ゼッコウチョウ ヤナ・・

なのでよくわかるように どアップ!(爆)

眼瞼下垂で切開手術を受けると切開する事により美容整形手術と同じく二重瞼になるけれど、私は元々二重瞼だから
美容整形は関係ないし、美容整形するんじゃないからデカデカとお見せしようと思ったよ(笑)


眼球じゃないけれど、目を切るからやっぱり恐いねぇ・・
二重瞼手術ならまぶただけの切開だけど、眼瞼下垂手術は中の筋肉にアプローチするからねぇ(^^;


どぉかしら!?
久しぶりに見た昔の顔だ!
お目々パッチリの昔に戻れた〰!♪ヽ(´▽`)/
 

カクカクしているのは糸があちこちに付いているから。
e0292271_256157.jpg


反対のお目々。 まぶたが赤くなってきてるわ
e0292271_2543129.jpg


ちょっと見開いたら大きなお目々の登場だ!
この目の私に会うのは何年ぶりかな?  懐かしい~!?(爆)
e0292271_2553996.jpg


い~んでね~の~ ♪ (σ≧▽≦)σ 

この時はまだどぉこぉってほどではなかったから100均で買った伊達眼鏡をしてちょっとだけ道を歩いたけれど、
コンタクトレンズも使用不可だからボケボケで見えないから下を向いて歩くし・・
私の顔を見ているような人はいなかったわ(笑)見
られても気づかない感じの顔だと思うわ ♪
帽子を深くかぶって眼鏡をしなきゃ歩けない顔になるのかと思っていたよ(笑)

2016.6.25 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-25 23:55 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「眼瞼下垂 手術直前」

私は近視と乱視の度数も強くてメガネだとクラクラしてダメ。
度数を落としたメガネだと見えない(^o^;)  ボケボケ~  なのでメガネは作っても無駄だし見えないし〰!
で、普通は術後に処方箋をもらって薬を出してもらうんやけど・・
薬をもらう場所は病院のすぐ横の大きな駅の駅ビル内で入った事はあるけど、目的の調剤薬局の場所は知らない(^^;
見えないボケボケの目でうろつくのは危険だ!
ボケボケだけど明るいと歩けるけれど、段差がわからない!  全部平らに見えるのよねぇ・・
で、早目に術前診察を受けてから薬局にGO~
ん〰!  やっぱり術前に行って良かったわ!
ボケボケの目だと絶対にたどり着けていないわ(^o^;)

けっこう混んでいた薬局。
薬を受け取る時に
薬:「この軟膏の使い方の説明は先生に聞かれましたか?」
そ:「まだ聞いていません。  
  この後に手術するんですがコンタクトレンズを装着出来なくなるとこの薬局までたどり着けないので
  先にこちらへ来れるよぉにしてもらったんです。」

と、たわいもない会話をしてると・・

薬:「そうですか~ あちらの病院の院長先生はスゴく優しいですよね~ 
   よく話しも聞いてくれる良い病院だと思いますよ~」

そ:「私の担当医は女医先生なんです」

薬:「女医先生はお会いした事はありませんが、あちらのスタッフさん逹への教育も管理もしっかりとなされているから
   安心して手術を受けて大丈夫だと思いますよ~」

そ:「院長先生がそんな感じなら良かったです!
   女医先生もよく話を聞いてくれるし、スタッフさんも優しい感じの方ばかりみたいです。」
  「手術直前に何だか安心してしまいました ♪
   初めて受診したので正直、どんな病院かわからなかったし、目を切るから不安はあったんです。」
 「その病院に行った多くの患者がこの薬局で薬を用意してもらい、世間話的にポロリと病院での良し悪し的な
   内容を話す事も多々あると思います。
   この薬局で聞けた話が嘘の無い1番の真実だと思います ♪」
  「ありがとうございます ♪  ルンルンで手術受けてきます!」


で、いそいそと病院に戻った私(笑)
先程の話をしながら手術突入(笑)  
こんな話はちゃんと病院に伝えないとねっ!  今から手術を受ける私は特に!(爆)
人間、褒められて気分が悪くなる人は少ないと思う。
先生もお手伝いするスタッフにも気分を良くしてもらって手術開始~!(爆)
電気メスの音やら臭いやらに身体が反応してドキドキ・・
私は紛らわす為か世間話をしまくって笑いのある室内。  手術中にご迷惑な患者やねぇ(笑)

この病院は美容外科・形成外科・皮膚科だけど、鼻を削ったり、豊胸したり、脂肪吸引とかはしていない。
主にお肌のメンテナンスが中心で、手術は眼瞼下垂や二重瞼やイボ&ホクロ取りやワキガ手術くらい。
手術中にあの女優さんの整形がどぉだとか、整形手術に花が咲きまくり(笑)
手術中に何度も何度も目を開けて開き具合を調整するんだけれど、かなりの回数見開いたよ!
先生、気分が良くて丁寧さがアップしたか!?(爆)
人間誰しも心理的なものが働くもんです(悪笑)
私の作戦は成功したよぉだ!(爆)
手術は予定通り1時間半~2時間で終了した。

2016.6.24 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-24 23:50 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「ハードコンタクトレンズからの~ 眼瞼下垂なのに・・ (^o^;)」

困る〰!

ソフトコンタクトレンズは眼球への酸素が不足することによって内皮細胞が少しずつ死亡してしまいますし、
ハードコンタクトレンズは角膜が薄くなるといわれています。


だって〰!

私はハードコンタクトレンズ性の眼瞼下垂との事・・。
加齢? それはちょっぴりじゃないかい!?(笑)


私の近視と乱視が強いのは遺伝。  幼稚園時代からメガネっ子。
ソフトコンタクトレンズ系は乱視の矯正がクッキリスッキリちゃんと出来ないのよねぇ( ̄O ̄;
だからハードコンタクトレンズを愛用者してる訳です。
メガネは中学生くらいまでで、ちゃんと矯正が出来るハードコンタクトレンズを長年使ってきた。
10年くらい前からはセミオーダーのハードコンタクトレンズを愛用している。
それまでは長時間装着していると目がしんどくて、まばたきして外れて紛失してしまう事も多々(-_-#)

眼球のカーブは人それぞれってのを知ってから 「もしや?」 と、思ってセミオーダーのコンタクトレンズを
扱っている眼科が家から車で15分の所にあったので行ってみた。
で、私の眼球のカーブは多くのコンタクトレンズに設定されているカーブとはやっぱりちょっと違ったみたい(^o^;)
色々測定して注文した。
このセミオーダーのレンズは途中で度数が変わった時には何度かは調整が出来るの!w(゜o゜)w
で、眼科では使い捨てのソフトコンタクトレンズも私に合ったカーブ&度数の物も扱っていたので合わせて注文 ♪
同じ物でサンプルをもらって使ったけれどとても楽チン ♪
ソフトコンタクトレンズは使うと目が苦しくなってくるのは同じだったけれど、それでもこの使い捨てのレンズは
かなりマシ!
難点は取り寄せだけど~ 
で、ハードコンタクトレンズは5年くらいでNEWに替えた方が良いそうなので、その頃にこの眼科を受診したけど
「丁寧に使っているから傷もほとんど付いていないのでまだ交換しなくても大丈夫ですよ~」 って(^_^)v 
何年か前に度数調整で削ったりしたのでその時点で新品なレンズ表面になったの(笑)
で、そのレンズを今も使っている(爆)
ハードコンタクトレンズは扱いを丁寧にすればお得ね~
って、今どきはセミオーダーったってそんなに高くはない。
普通のでも私が10代の頃は両眼で5万円くらいだったよ!
今みたいに安くは売っていなかったよなぁ・・

2016.6.23 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-23 23:55 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「慶應義塾大学病院のお目々の話し」

以下、慶應義塾大学病院の引用です。

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000195.html


眼瞼下垂の分類
先天性眼瞼下垂
単純先天性眼瞼下垂
瞼裂狭小症候群          など


後天性眼瞼下垂
腱膜性眼瞼下垂
加齢性眼瞼下垂
ハードコンタクトレンズ眼瞼下垂
神経に問題がある眼瞼下垂
重症筋無力症
動眼神経麻痺(脳梗塞、脳動脈瘤など)
筋肉に問題がある眼瞼下垂
ミトコンドリアミオパチー
筋強直性ジストロフィー    など


偽眼瞼下垂
眉毛下垂
眼瞼痙攣
眼瞼皮膚弛緩症
眼球陥凹
小眼球症             など


先天性眼瞼下垂はまぶたを上げ下げする筋肉である上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)自体の発達や
それを動かす神経の発達異常によるものと考えられていて、生まれつきまぶたが下がっている状態です。
約80%が片側性です。
ほとんどの場合視機能の障害を及ぼすことはなく、通常は手術を急ぐことはありませんが、
まれに弱視や斜視の原因となったり、これらを合併している場合もありますので眼科での診察と経過観察が必要です。

後天性眼瞼下垂とはもともとは普通にまぶたが開いていた人が少しずつまたは急にまぶたが下がってきた状態です。
ほとんどの場合は数年間かけて少しずつ下がってくる腱膜性(けんまくせい)の眼瞼下垂です。
腱膜とはまぶたを上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)の末端部の膜のことであり、これが伸びたりゆるんでしまう
ことによる眼瞼下垂を腱膜性眼瞼下垂といいます。
いわゆる 「年をとって目が細くなってきた」 という加齢性の眼瞼下垂の場合が多いですが、
その他ではハードコンタクトレンズの長期装用者や内眼手術(白内障手術、緑内障手術、硝子体手術など)の
既往のある人にも生じてくることもあります。
ほとんどの後天性眼瞼下垂がこの腱膜性眼瞼下垂ですが、まれに神経や筋肉が原因の場合もありますので
注意が必要です。

偽眼瞼下垂とは本当は眼瞼下垂ではない状態で、眉毛下垂や眼瞼痙攣、眼瞼皮膚弛緩症、眼球陥凹、小眼球症
などにより、一見眼瞼下垂のようにみえてしまう状態です。

症状
まぶたをきちんと上げることが困難になるために、無意識に前頭筋(おでこの筋肉)を使ってまぶたを上げる手助けに
しようとします。
そのためにまゆげの位置があがり、おでこにしわがよります。
それでも視野がせまい場合にはあごをあげて下の方を見るようになります。
眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になるともいわれています。
まぶたを上げ下げする筋肉の末端の膜(上眼瞼挙筋腱膜)は二重まぶたをつくる膜でもあるので、
眼瞼下垂が生じてくると、二重の幅が広くなってきたり三重まぶたになってきたりします。
後天性眼瞼下垂の一部には複視(ものが二重に見える)を伴うものもあり、これは眼科や内科できちんとした
診断と治療を受ける必要があります。

診断
正面を見た状態で上眼瞼が瞳孔にかかっていたら眼瞼下垂です。
どのタイプの眼瞼下垂かを診断するには上眼瞼挙筋機能の測定が重要です。
これは前述した眼瞼を上げ下げする筋肉(上眼瞼挙筋)がどれくらい動いているかを見るものです。
まゆげ付近を押さえおでこの力を使わないようにした状態にして、最も下を見たときと最も上を見たときの
まぶたのきわの移動距離を測定します。
上眼瞼挙筋機能は通常15mm程度です。
後天性眼瞼下垂で最も頻度の高い、腱膜性の眼瞼下垂は腱膜の付着部が少々ずれただけの状態であり
挙筋そのものの運動は問題ないので、上眼瞼挙筋機能は正常に保たれています。
上眼瞼挙筋機能が低下していれば筋肉そのものかそれを動かす神経に問題があるということになります。
ある日急にまぶたが下がった場合には脳梗塞、脳動脈瘤や糖尿病などによる動眼神経麻痺などが疑われますのでCTやMRIでの頭蓋内の検査や血液検査を要します。

朝は普通にまぶたが上がっているが夕方になると開かなくなるというように日内変動が大きい場合は重症筋無力症
という神経の疾患が考えられ血液検査などを要します。
筋肉自体に問題があるものとしてはミトコンドリアミオパチーや筋強直性ジストロフィーなどがありますが
とてもまれです。
いつから眼瞼下垂が生じてきたかということも診断の助けになります。
先天性眼瞼下垂は生まれつきまぶたが下がっている(上がらない)状態ですので、いつから下がっているかを
聞くことにより比較的診断は容易です。

先天性眼瞼下垂は程度がさまざまであり、ごく軽度のものであれば本人にも気付かずに経過することもあり、
これに加齢性の変化が加わった場合は診断困難な場合もあります。
先天性眼瞼下垂はまぶた自体の動きが悪いため、まぶたが上がらないだけではなく下がりも悪い状態です。下を見たときに上まぶたが下がらずに白目がみえてしまったり、目を閉じたときにきちんと閉じきれず、
少し白目がみえていたりします(閉瞼不全)。

治療
先天性眼瞼下垂や腱膜性眼瞼下垂に対してはまぶたを上げる手術を行います。
脳梗塞や重症筋無力症のように他の原因から二次的に眼瞼下垂が生じている場合はもともとの疾患の治療
を行います。
これらの眼瞼下垂は自然に回復してくることも多いのでそのまま様子をみて6~12ヶ月経過しても改善しない場合は
まぶたを上げる手術を行います。
眼瞼下垂の手術には大きく分けて2通りの方法があり、前述した上眼瞼挙筋の機能に応じて適応を考えます。
小児であれば全身麻酔で行います。
個人差がありますが10歳くらいから局所麻酔での手術が可能な場合もあります。
大人であれば通常は局所麻酔で、条件によっては日帰り手術でも行えます。

●上眼瞼挙筋機能が十分にある場合(腱膜性眼瞼下垂や軽度の先天性眼瞼下垂など)は挙筋短縮術や挙筋前転術
といわれている挙筋腱膜のずれを整復する手術、あるいは眼窩隔膜反転術を行います。
これには皮膚を切開する方法と結膜を切開する方法がありますが、当院ではおもに皮膚切開で行っています。
ふたえまぶたのしわに沿って皮膚を切開し、ゆるんでいる挙筋腱膜を縫合します。

●上眼瞼挙筋機能が不良の場合(先天性眼瞼下垂や筋疾患、神経疾患治療後に残存した眼瞼下垂など)は
前頭筋吊り上げ術(ぜんとうきんつりあげじゅつ)を行います。これはおでこの筋肉の力を利用して
まぶたを動かす方法でまゆげの上とまつげの上の2か所を切開してなんらかのもので連結させるものです。
材料としてはゴアテックスという人工の膜や太ももの奥の腱膜(大腿四頭筋腱膜)や太めの糸などが用いられます。
他に眼輪筋という目の周囲の筋肉を利用して前頭筋に吊り上げる方法もあります。
これらの手術の目的は正面を見たときに少しでもまぶたを上げた状態にすることです。
上眼瞼挙筋の動きを得ることはできませんので、術後は少なからず目を閉じることが困難になります。

手術後に予測されること
個人差がありますが、手術後1週間くらいはまぶたの腫れが強く出ることがあります。
1か月くらいかけてかなり自然な状態になりますが、完全に回復するのには数か月かかります。
腫れているあいだはふたえまぶたの幅がとても広くみえますが、腫れがひけば予定していたふたえの幅になります。
内出血が生じて青あざのようになる場合もありますが、皮下で広がりながらしだいに吸収されてきます。
一時的なものなので問題ありません。
傷あとは通常はまぶたのしわに隠れてしまうので数か月するとほとんど分らなくなりますが、
完全に消失するわけではありませんので、気にされる方は手術を受けないほうがよいでしょう。

まぶたが上がりすぎてしまった場合(過矯正)、まぶたの上がりが不足している場合(低矯正)、左右差がある場合は
再手術を要すこともあります。
術後に上まぶたの皮膚のたるみが気になってくることがあります。
この場合は皮膚のたるみを切除する手術を行うことも可能です。


慶應義塾大学病院での取り組み
眼瞼下垂の診断と治療は形成外科と眼科で行っています。
基本的な治療指針はどちらの診療科でもかわりません。
腱膜移植を伴うような重度のものや外傷後などの特殊なケースは形成外科で行いますが、一般的なものであれば
眼科でも対応しています。
まぶたが瞳孔にかかっていないようなごく軽度の眼瞼下垂は視野を妨げていないため、手術の目的が整容的
(病気の治療ではなく、より美しくするための手術)なものになるので保険適応がありません。



そーす女の症状(笑)
ハードコンタクトレンズ使用歴数十年 
まぶたが瞳孔にかかっている 
二重の幅が広く三重になっている 
視野が狭くなりまつげも被さりカーテン状になって暗く見える 
まゆげの位置が上がる 
おでこの筋肉を使うのでおでこにシワが出来る 
まぶたが開かないのであごを上げて下の方を見るしその影響で首も常に痛い 
常にこめかみ辺りが筋肉痛で目の回り全体が熱を持っているせいか目が重く鈍痛 
疲れると目をつぶっていてもまぶたが重くてもっとつぶろうとする 

                                    等。

2016.6.22 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-22 23:52 | 眼瞼下垂 | Comments(0)

「ためしてガッテンのお目々の話し」

私は知らなかったけれど何度もTVの番組で放送されていたみたい。
私が手術した少し後にも放送していたらしい(^o^;)
病名は 眼瞼下垂症 以下、ガッテンでの内容を引用してます。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160525/index.html


目パッチリ手術で 頭痛・肩コリ・腰痛が改善する!?
今回、ガッテン取材班は目をパッチリにして頭痛や肩コリを改善する 「不思議な健康法」 があると聞き、兵庫県の
総合病院を訪ねました。
すると、診察室にいたのは、70代のご夫婦。
なんと、「手術」で目をパッチリにして、体の不調を改善するのだとか。
実際に、手術を受けた女性の元を訪ねてみると・・ たしかに手術前よりも目がパッチリに!
その効果で、常に子どもをおぶっていると思うほどひどかった肩コリも、すっきり改善されたというのです。

なぜ、こんなことが起きるのか?そのヒントは 「おでこのシワ」 にありました。
私たちのまぶたは、老化など様々な原因でたるんでしまうことがあります。
すると、まぶたの力だけでは目が開かず、視界が狭くなってしまうため、代わりに 「おでこの筋肉」 を使って
まぶたを持ち上げようとします。
このとき、おでこにシワが入り、常におでこの筋肉が緊張した状態になってしまいます。
実は、おでこの筋肉は、後頭部・肩・腰の筋肉とつながっています。そのため、おでこの筋肉が緊張すると、
その緊張が全身に伝わり、頭痛・肩コリ・腰痛を引き起こしてしまうことがあるのです。
つまり、目をパッチリにする手術でまぶたを持ち上げてあげることで、おでこの緊張が緩和され、
頭痛・肩コリ・腰痛の改善にまでつながる。
これが、『目パッチリ手術』の正体だったのです。
目をパッチリにする手術はどこで受けられる?
全国の形成外科・眼科で受けることができます。
手術を行っていない病院もあるので、かかりつけの病院から専門医を紹介してもらうか、
もしくは日本形成外科学会のホームページにある認定施設一覧をご参照ください。
お尋ねの際は、「眼けん下垂の手術」とおっしゃって頂ければ伝わりやすいです。ただし、まぶたのたるみは、「眼けん痙攣」 や 「重症筋無力症」 など他の病気が原因で起こっている可能性があり、その場合は手術以外の方法で
改善することになります。
形成外科・眼科を受診すれば、その判断もしてもらうことができます。


こんな内容だったみたい~。

2016.6.21 記
[PR]

by saucekko | 2016-06-21 23:56 | 眼瞼下垂 | Comments(0)